MV-8 (光触媒)

MV-8は従来の光触媒商品効果と透明性をより向上させた商品です。従来商品に比べ高い分解力とガス吸着の効果がございます。

特徴> 高い光触媒効果。
> 他のMクリーンシリーズに比べ、低い光照度で反応します。
> 様々なガスを吸着します。
> 抗菌効果。
> 様々な素材表面に使用可能。
> 有機物を使用してない為、劣化しにくい。
> 下地不要。
外観
液性状水溶性
主成分酸化チタン、シリカ
乾燥温度自然乾燥
乾燥時間24時間以上
塗布方法スプレーガン、ローラー、ブラシなど。
使用量15 - 50 g / 1 m2 (使用量が多いほど効果は上がります。)
乾燥後外観若干白くなります。
ボトルラベル
ボトルタイプ
4L10L
(オプション)
20L
(オプション)

AB-1 (光触媒)

AB-1 は、室内で抗菌効果を発揮する可視光線応答型光触媒材料です。ハイブリッド型にすることで暗所でも抗菌効果を維持します。新型コロナウイルスでの試験も実施しております。

特徴> 透明性が高い
> 水溶性で取り扱いやすい
> 乾燥速度が速い
> 各種基材へ塗布が可能
液外観薄白黄色
液タイプ水/アルコールベース(非危険物)
主原料酸化チタン、シリカ
乾燥方法自然乾燥
乾燥時間24時間(20℃雰囲気中)
施工方法スプレーガン、刷毛、ローラー(短毛)
塗布量15 - 25 g / 1 m2
乾燥後表面状態透明
抗菌効果(試験確認)大腸菌(Bacillus coli)
黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)
緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)
エンテロコッカス・フェカリス菌(Enterococcus faecalis)
新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)
ボトルラベル
ボトルタイプ
4L
(オプション)
10L
(オプション)
20L

試験データ

プレゼン資料

パンフレット(フライヤー)

インバイロシールド M5

詳しくは専用ページをご覧ください。

インバイロシールドM5 – 感染症対策向け光触媒コーティング (inviroshield.jp)

インバイロシールドM5とは?

•感染症対策を目的に開発された可視光線応答型光触媒コーティング剤です。

•弊社の光触媒コート剤は、2003年に流行した「重症急性呼吸器症候群」(略称:SARS)のまん延を防ぐために、台湾や香港の市庁舎、救急車内にて使用されています。

•「インバイロシールドM5」は2005年に室内の蛍光灯の光で光触媒効果を発揮できる可視光線応答型のコート剤として開発されました。

•現在は、日本、中国、香港、インド、シンガポール、マレーシアなどアジアを中心に「インバイロシールドM5」を供給しております。

‘インバイロシールド M5’ は、国際連合工業開発機関(UNIDO)東京投資・技術移転 促進事務所(東京事務所)のサステナブル技術普及プラットフォーム(STePP) に 登録されています。
(URL: http://www.unido.or.jp/en/activities/technology_transfer/technology_db/

登録先:http://www.unido.or.jp/en/technology_db/6450/

感染症対策利用場所

インバイロシールドM5 使用の利点

•毎日/定期的な消毒作業を必要としません。

•毎日消毒作業をするよりもコストの削減が可能です。 •薬剤耐性菌を作りませんので全ての人に安全です。

•コーティング処理後は、人的又は外部エネルギーを必要としません。

•ランニングコストをかけずに、常に高い衛生環境を保ちます。

抗菌試験・抗ウイルス試験結果

インバイロシールドM5は各種抗菌試験、抗ウイルス試験を行っております。

感染対策の性能継続性

・「インバイロシールド M5」は、感染症の原因となる病原微生物を排除し、病院での感染を減らすのに役立ちます。

これにより、病院の平均滞在期間短縮が促進され、医療費が削減されるだけでなく、発展途上国の恵まれない患者に対する治療の利用可能性が高まり、健康的な生活が確保され、すべての人の健康が促進されます。

節約された資金は、栄養失調の子供たちの栄養補助食品にも利用できます。

・インドでは、中央政府病院と自治体病院がこの5年からこの生物汚染除去プログラムを採用しています。

この技術の結果は、Safdarjung hospital(中央政府病院)での乳児死亡率の減少プロセスにおいて重要な役割を担っております。

現在、この技術はAIIMS(インド医科学研究所)でも採用されています。

・2008年からインド市場にサービスを提供しています。現在まで、合計74,000平方メートルです。インドの医療機関だけで「インバイロシールド M5」を使用して治療されています。

インバイロシールドM5 Execution process video

https://marusyosangyo.com/mclean/video/Altimate_Inviroshield_Five_Step_Process1.mp4

主な機能と利点

・「インバイロシールド M5」は室内の天井や壁、什器、その他設備などに塗布コーティングすることで、院内感染のリスクを長期的に低減できます。

・コーティングされた表面に光を照射すると、光触媒酸化反応により抗菌効果が現れ、長時間の消毒作業の労力と費用が削減されます。

・「インバイロシールド M5」を使用すると、人間と環境に脅威を与える化学消毒剤の使用が削減されます。

・化学消毒剤の不適切な使用は、抗菌剤耐性の世界的な懸念に追加されます。自己反応型の「インバイロシールド M5」を使用する事でこれを軽減できます。

・また、微生物の除去により二次感染を減らすのに役立ち、それにより院内感染に起因する追加のコスト削減に貢献します。

・削減して得た資金を貧困層への医療費用として使用でき、医療インフラの改善にも利用できます。

・私たちのモットーは、消毒作業などの感染対策費や感染症を減らし、それにより死亡を減らすことです。なぜなら、すべての人の命は重要だからです。

Possible applications

・可視光応答型光触媒「インバイロシールド M5」は、病院の手術室や病棟の壁、天井、家具などにエア式スプレーガンでコーティングします。

コーティングされた表面は、屋内の蛍光灯、LEDランプ、太陽光などの光によって引き起こされる光触媒酸化反応により、消毒に使用される第4アンモニウム塩よりも長い期間抗菌効果を示します。

                                       写真1.処理に使用する基材、材料類

写真2. 病院でのインバイロシールド M5 コーティング風景

・一度処理すると、その場所は長期の抗菌効果を維持できるため、清掃の頻度が低い場所でも衛生的な環境を維持できます。

外部から侵入する病原体によって引き起こされる院内感染を防ぐことが可能です。

特に、医療従事者、救急隊員、および患者は、手術室で病​​気や細菌による感染症に対するリスクを減らし、病院内の医療作業を安全に実行できる事を可能にします。

・これらは、医療費を削減するだけでなく、途上国の患者の治療の可用性を高め、健康的な生活を確保し、すべての人々の幸福を促進します。

Competitive advantage

・ヘルスケア環境で「インバイロシールド M5」を適用した後に取得したレポートに基づいて、頻繁な検査で革新的なソリューションの信頼性を確保しており、適用後1年以上の病原菌を減らす事が出来る耐久性を確認しています。

・「インバイロシールド M5」のコーティング作業員は、一部の機器と試験機の取り扱い方法と数時間のコーティング方法を学習することでこれを行うことができます。 高度なスキルや長期的なトレーニングは必要ありません。

コストパフォーマンス

・消毒作業者は、少なくとも1日に1回、または表面が汚染されるたびに、スケジュールに従って何度も何度もすべての表面を消毒する必要があります。


・さらに、汚染されたエリアと汚染されていないエリアの違いは不明であるため、すべてのエリアを消毒する必要があります。

・従来の化学消毒剤でインバイロシールド M5と同じ消毒効果を得るためには、1日に数十回化学消毒剤を消毒する必要があります。

・これは、インバイロシールド M5の処理表面が常に抗菌状態であるためです。

・したがって、インバイロシールド M5は、液体の化学消毒剤(4級アンモニウムカチオン、H2O2、フェノール化合物など)を交換することにより、コストを削減できます。

・多くの国では、化学消毒剤の不適切な使用により薬剤耐性菌が出現し、患者の二次的損傷などの問題を引き起こしています。

・米国では、消毒剤製造業者の手順に従わない違反は、FIFRA法に基づく訴追の対象となります。

・これと比較して、インバイロシールド M5は、抗菌効果に対して常にアクティブであり、繰り返し適用したり、特定の条件を順守したりする必要のない1回限りのアプリケーションです。

・また、インバイロシールド M5の抗菌効果は、化学消毒剤とは異なり、光触媒分解効果によるものであるため、薬剤耐性菌は発生しません。 ・インバイロシールドM5の光触媒効果により、汚染されたエリアは時間の経過とともに非汚染エリアになります。

・さらに、インバイロシールド M5処理は、セルフクリーニング効果と臭気ガス分解効果も発揮できます。

・インバイロシールド M5は、医療機関にとって非常に費用対効果が高く便利なソリューションです。

・消毒作業者は、少なくとも1日に1回、または表面が汚染されるたびに、スケジュールに従って何度も何度もすべての表面を消毒する必要があります。

・さらに、汚染されたエリアと汚染されていないエリアの違いは不明であるため、すべてのエリアを消毒する必要があります。

・従来の化学消毒剤でインバイロシールド M5と同じ消毒効果を得るためには、1日に数十回化学消毒剤を消毒する必要があります。

・これは、インバイロシールド M5の処理表面が常に抗菌状態であるためです。

・したがって、インバイロシールド M5は、液体の化学消毒剤(4級アンモニウムカチオン、H2O2、フェノール化合物など)を交換することにより、コストを削減できます。

・多くの国では、化学消毒剤の不適切な使用により薬剤耐性菌が出現し、患者の二次的損傷などの問題を引き起こしています。

・米国では、消毒剤製造業者の手順に従わない違反は、FIFRA法に基づく訴追の対象となります。

・これと比較して、インバイロシールド M5は、抗菌効果に対して常にアクティブであり、繰り返し適用したり、特定の条件を順守したりする必要のない1回限りのアプリケーションです。

・また、インバイロシールド M5の抗菌効果は、化学消毒剤とは異なり、光触媒分解効果によるものであるため、薬剤耐性菌は発生しません。 ・インバイロシールドM5の光触媒効果により、汚染されたエリアは時間の経過とともに非汚染エリアになります。

・その結果、インバイロシールド M5が処理された場合、抗菌状態は1年間、毎日の化学消毒作業の約80%のコストで維持できます。 約20%のコスト削減は、病院の設備、医療スタッフ、患者などに使用するために返還できます

[PDF]

・施工要領(こちらをご覧ください): INVIROSHIELD OPERATION STEPS

性能/効果

・消毒作業者は、少なくとも1日に1回、または表面が汚染されるたびに、スケジュールに従って何度も何度もすべての表面を消毒する必要があります。

・さらに、汚染されたエリアと汚染されていないエリアの違いは不明であるため、すべてのエリアを消毒する必要があります。

・従来の化学消毒剤でインバイロシールド M5と同じ消毒効果を得るためには、1日に数十回化学消毒剤を消毒する必要があります。

・これは、インバイロシールド M5の処理表面が常に抗菌状態であるためです。

・したがって、インバイロシールド M5は、液体の化学消毒剤(4級アンモニウムカチオン、H2O2、フェノール化合物など)を交換することにより、コストを削減できます。

・多くの国では、化学消毒剤の不適切な使用により薬剤耐性菌が出現し、患者の二次的損傷などの問題を引き起こしています。

・米国では、消毒剤製造業者の手順に従わない違反は、FIFRA法に基づく訴追の対象となります。

・これと比較して、インバイロシールド M5は、抗菌効果に対して常にアクティブであり、繰り返し適用したり、特定の条件を順守したりする必要のない1回限りのアプリケーションです。

・また、インバイロシールド M5の抗菌効果は、化学消毒剤とは異なり、光触媒分解効果によるものであるため、薬剤耐性菌は発生しません。 ・インバイロシールドM5の光触媒効果により、汚染されたエリアは時間の経過とともに非汚染エリアになります。

・さらに、インバイロシールド M5処理は、セルフクリーニング効果と臭気ガス分解効果も発揮できます。

・インバイロシールド M5は、医療機関にとって非常に費用対効果が高く便利なソリューションです。

・その結果、インバイロシールド M5が処理された場合、抗菌状態は1年間、毎日の化学消毒作業の約80%のコストで維持できます。 約20%のコスト削減は、病院の設備、医療スタッフ、患者などに使用するために返還できます。

・当社独自の光触媒コーティング剤は、銅、鉄、酸化チタンを組み合わせた可視光応答性の光触媒材料を使用しています。

・使用する可視光応答型光触媒は、窓から差し込む太陽光だけでなく、屋内の蛍光灯やLEDライトにも有効です。

(1)基本的な光触媒効果

①ガス分解


②汚れ(物質:メチレンブルー)の分解

Technical maturity / Past record of introduction

・当社の光触媒コーティング剤は、2003年に流行した「重症急性呼吸器症候群」(略称:SARS)のまん延を防ぐために、台湾と香港の市庁舎や救急車で使用されています。

・その後、「インバイロシールド M5」は2005年に室内空間の光触媒効果を効果的に発揮できるコーティング剤として開発されました。

・これまで、香港、インド、シンガポール、中国、マレーシアでインバイロシールド M5を供給してきました。     

表2:国ごとのインバイロシールドアプリケーションエリア

・2008年からインド市場にサービスを提供しています。現在まで、合計74,000平方メートルの面積を施工済みです。 インドの医療機関では「インバイロシールド M5」のみを使用して処理されています。

・弊社は財政的に安定しており、世界中で技術を活用するのに十分な経験、専門知識、リソース、人材を保有しております。

・インドでは、中央政府病院と自治体病院が5年前からこの生物除染プログラムの採用をしております。 この技術の結果は、Safdarjung Hospital(中央政府病院)での乳児死亡率の減少プロセスにおいて重要な役割を担っております。 現在、この技術はAIIMS(All India Institute of Medical Sciences)でも採用されています。

インバイロシールドM5の優位性

・インバイロシールドM5の処理前・処理後の微生物数を分析するために、ハイエンド装置を使用しています。

機器は、正規の機器サプライヤ/施設から定期的に較正されます。 以下の表は、液体化学薬品使用時の表面への微生物負荷を示し、さらに「インバイロシールド M5」で処理した後の微生物数の大幅な減少を示しました。

MV-11 (光触媒)

MV-11は、高反応型可視光線応答型光触媒を使用した分解性能が高い光触媒コート剤です。分解性能が高いため、下地処理剤Sを併用して基材の分解を防ぐ事が必要となります。

特徴> 高い分解性能
> 高透明性
> 高度 3H
> 水溶性で取り扱いし。
> 乾燥速度が速い
> 様々な基材に使用可能
> 高い安全性
液外観青緑色
液タイプ水溶性(非危険物)
主成分酸化チタン
乾燥温度自然乾燥
乾燥時間24時間以上 (20度雰囲気)
塗布方法スプレーガン、ローラー、ブラシ
使用量17 - 40 g / 1 ㎡(基準: 60m2/1リットル)
性能を向上させたい場合には、塗布量を増やしてください。
乾燥被膜状態透明
使用環境この商品は、非常に高い分解性能があるため、使用の際には必ず下地(Basecoat S)を一緒にご利用下さい。
ボトルラベル
ボトルタイプ
4L
(オプション)
10L
(オプション)
20L

下地処理剤 S

 光触媒を直接塗布すると光触媒の分解性能により塗布された基材表面が分解してされてしまう場合があります。

 そのような事を防ぐために下地処理剤Sを塗布・乾燥させた表面に光触媒コーティングを塗布する事で、基材を光触媒の分解性能から保護します。

 下地処理剤Sを使用することで、基材との密着性も向上するため、密着性の悪い基材や光触媒水溶液にも使用されます。

特徴> 高透明被膜
> 水/アルコールベース
> 乾燥時間が短い
> 密着性の向上目的で使用
外観薄黄色
液性水/アルコール系
(非危険物)
成分SiO2
乾燥温度自然乾燥
乾燥時間3時間以上
(塗り重ね時は10分以上)
施工方法・スプレーガン
・ローラー
・刷毛
塗布量17 - 20 g / 1 m2
(基本60m2/1L)
乾燥後状態透明
使用先この製品は、光触媒M-クリーンと併用となります。
ボトルラベル
ボトルタイプ
4L
(オプション)
10L
(オプション)
20L

M-5 (光触媒)

M-5は、可視光線応答型光触媒コーティング剤です。蛍光灯やLEDランプ、紫外線などの光に反応し高い酸化分解効果があります。そのためM-5を室内に使用することにより抗菌・抗ウィルス、消臭などの高い効果が長期間続きます。また、この商品は光触媒工業会に初めて登録された商品です。

特徴> 高透明性
> 硬度 3H
> 水溶性で扱いやすい
> 乾燥速度が速い
> 様々な基材に使用可能
> 高安全性
液外観薄い白黄色
液タイプ水溶性
主成分酸化チタン/シリカ
乾燥温度自然乾燥
乾燥時間24時間以上(20℃雰囲気)
塗布方法スプレーガン、ローラー、ブラシ
使用量20 - 30 g / 1 sq m
乾燥後表面状態透明
注意こちらの商品は高い酸化分解力を有しておりますため、必ず下地(Basecoat S)の併用をお願い致します。
ボトルラベル
ボトルタイプ
4L
(オプション)
10L
(オプション)
20L

MV-6 (光触媒)

MV-6 は、最新の可視光線応答型光触媒を使用した、新しい室内用光触媒コーティング液です。今までの可視光線応答型光触媒と比較して、室内環境で使用した場合には3倍~5倍程の効果を示します。蛍光灯の光でも反応性能が高く、一般室内での使用が可能となっております。

特徴> 室内での高い光触媒効果

> 室内の臭気ガスの吸着性能を有する

> 細菌類が付着しやすく、抗菌効果が高い

> さまざまな素材に付着が可能
(フッ素樹脂、シリコーン樹脂以外)

> 乾燥後は、劣化しにくい無機質皮膜を形成

> 下地処理剤を必要とせず、1液で加工が可能
外観乳白色
液タイプ水系
主成分酸化チタン、シリカ
粘度30 ~ 300mPa・s
塗膜硬度2H(ガラス上)
施工方法スプレーガンによる吹きつけ塗布又は短毛ローラー塗布
塗布量15~ 50 g / 1 sq m
乾燥温度自然乾燥又は低温乾燥(60~80℃)
乾燥時間24時間以上
乾燥後の外観若干白濁(濃色系基材へ加工の場合)
ボトルラベル
ボトルタイプ
4L10L
(オプション)
20L
(オプション)

2. 室内における分解性能

(1) 蛍光灯照射時

MO-1(旧式可視光線応答型光触媒コート剤)
MV-6(新型可視光線応答型光触媒コート剤)

(2) 壁紙垂直面での分解性能

メチレンブルー分解試験
注記:MO-1は、以前のタイプの室内用光触媒コーティング剤

3. 分解試験  

(1)分解試験写真

左側: MO-1(旧型), 右側: MV-6(新型)

(2) 色度測定による分解性能比較値

名前初期色度6日目色度色度差分解率活性比率
他社製 UV応答型光触媒326339134.26%4.26%
M-クリーン MO-1 (旧タイプ)3353895417.70%17.70%
M-クリーン MV-6318623305100.00%100.00%
結果:新型の可視光線応答型光触媒MV-6は、旧型の可視光線応答型光触媒MO-1と比較して、約5.6倍の汚れ分解能力が向上しています。

4. ガス消臭試験

4-1. アセトアルデヒドガス分解試験

(1) 光源: 水銀ランプ(紫外線を含む)

 (2) 光源: 水銀ランプ(380nm以下の紫外線をカット)

注記: M-1V STV及びM-1V STV は、以前の繊維用可視光線光触媒液. MV-6は、最新光触媒を使用しての試験

5. 施工風景

壁面等についてはスプレーガンによる吹きつけ塗布。

天井面については、スプレーガン又はローラー、刷毛塗り 。

M-TV2 (光触媒)

M-TV2は繊維製品を製造する際に、最終工程の樹脂表面加工の樹脂内に添加することで、光触媒機能及び消臭・抗菌機能を発揮させる事ができる可視光線応答型光触媒ゾルです。
M-TV2は、20から40倍に希釈した液に浸漬、脱水、乾燥させる事で処理する事が出来ます。
光触媒効果の他、脱臭機能、抗菌効果機能を有しており、一般的なにおいに対しての吸着能力に優れています。

外観白黄色不透明
液性状(イオン性)水溶性(非危険物) カチオン加工液
主成分酸化チタン/シリカ
有効成分濃度30wt%
比重1.2
希釈方法40-60倍に希釈(イオン交換水)
加工方法浸漬・パディング、
脱水絞り率80-120%
乾燥方法100-120℃
乾燥時間5-15分
乾燥後の外観希釈濃度により透明-白色
適用場所・衣類 (シャツ、ベビー用品、パンツ、帽子など)
・布製品(絨毯、カーテン、シート他インテリア)
ボトルラベル
ボトルタイプ
4L
(オプション)
10L
(オプション)
20L

M-8G (光触媒)

紫外線応答型光触媒を使用した屋外向けの光触媒コーティング剤です。

透明性の高い被膜を形成するため、窓ガラスや石材などの光沢のある素材、塗装面などに使用する事が可能です。

特徴> 高い親水性効果
> 高透明性
> 硬度3H
> 水溶性で取り扱いやすい
> 乾燥速度が速い
> 無機材料による構成で劣化しない
> 環境対策品
外観薄い白黄色
液性状水溶性
主成分酸化チタン/シリカ
乾燥方法自然乾燥
乾燥時間3時間以上(20℃雰囲気)
推薦加工方法スプレーガン、ローラー
塗布量17 - 20 g / 1 ㎡(基準: 60m2/1リットル)
乾燥被膜状態透明
ボトルラベル
ボトルタイプ
4L
(オプション)
10L
(オプション)
20L
  1. 親水性の効果
左側:未処理ガラス , 右側: M-8G コーティング

2. 施工事例