インバイロシールド M5

インバイロシールドM5とは?

•感染症対策を目的に開発された可視光線応答型光触媒コーティング剤です。

•弊社の光触媒コート剤は、2003年に流行した「重症急性呼吸器症候群」(略称:SARS)のまん延を防ぐために、台湾や香港の市庁舎、救急車内にて使用されています。

•「インバイロシールドM5」は2005年に室内の蛍光灯の光で光触媒効果を発揮できる可視光線応答型のコート剤として開発されました。

•現在は、日本、中国、香港、インド、シンガポール、マレーシアなどアジアを中心に「インバイロシールドM5」を供給しております。

‘インバイロシールド M5’ は、国際連合工業開発機関(UNIDO)東京投資・技術移転 促進事務所(東京事務所)のサステナブル技術普及プラットフォーム(STePP) に 登録されています。
(URL: http://www.unido.or.jp/en/activities/technology_transfer/technology_db/

登録先:http://www.unido.or.jp/en/technology_db/6450/

感染症対策利用場所

インバイロシールドM5 使用の利点

•毎日/定期的な消毒作業を必要としません。

•毎日消毒作業をするよりもコストの削減が可能です。 •薬剤耐性菌を作りませんので全ての人に安全です。

•コーティング処理後は、人的又は外部エネルギーを必要としません。

•ランニングコストをかけずに、常に高い衛生環境を保ちます。

抗菌試験・抗ウイルス試験結果

インバイロシールドM5は各種抗菌試験、抗ウイルス試験を行っております。

感染対策の性能継続性

・「インバイロシールド M5」は、感染症の原因となる病原微生物を排除し、病院での感染を減らすのに役立ちます。

これにより、病院の平均滞在期間短縮が促進され、医療費が削減されるだけでなく、発展途上国の恵まれない患者に対する治療の利用可能性が高まり、健康的な生活が確保され、すべての人の健康が促進されます。

節約された資金は、栄養失調の子供たちの栄養補助食品にも利用できます。

・インドでは、中央政府病院と自治体病院がこの5年からこの生物汚染除去プログラムを採用しています。

この技術の結果は、Safdarjung hospital(中央政府病院)での乳児死亡率の減少プロセスにおいて重要な役割を担っております。

現在、この技術はAIIMS(インド医科学研究所)でも採用されています。

・2008年からインド市場にサービスを提供しています。現在まで、合計74,000平方メートルです。インドの医療機関だけで「インバイロシールド M5」を使用して治療されています。

インバイロシールドM5 Execution process video

https://marusyosangyo.com/mclean/video/Altimate_Inviroshield_Five_Step_Process1.mp4

主な機能と利点

・「インバイロシールド M5」は室内の天井や壁、什器、その他設備などに塗布コーティングすることで、院内感染のリスクを長期的に低減できます。

・コーティングされた表面に光を照射すると、光触媒酸化反応により抗菌効果が現れ、長時間の消毒作業の労力と費用が削減されます。

・「インバイロシールド M5」を使用すると、人間と環境に脅威を与える化学消毒剤の使用が削減されます。

・化学消毒剤の不適切な使用は、抗菌剤耐性の世界的な懸念に追加されます。自己反応型の「インバイロシールド M5」を使用する事でこれを軽減できます。

・また、微生物の除去により二次感染を減らすのに役立ち、それにより院内感染に起因する追加のコスト削減に貢献します。

・削減して得た資金を貧困層への医療費用として使用でき、医療インフラの改善にも利用できます。

・私たちのモットーは、消毒作業などの感染対策費や感染症を減らし、それにより死亡を減らすことです。なぜなら、すべての人の命は重要だからです。

Possible applications

・可視光応答型光触媒「インバイロシールド M5」は、病院の手術室や病棟の壁、天井、家具などにエア式スプレーガンでコーティングします。

コーティングされた表面は、屋内の蛍光灯、LEDランプ、太陽光などの光によって引き起こされる光触媒酸化反応により、消毒に使用される第4アンモニウム塩よりも長い期間抗菌効果を示します。

                                       写真1.処理に使用する基材、材料類

写真2. 病院でのインバイロシールド M5 コーティング風景

・一度処理すると、その場所は長期の抗菌効果を維持できるため、清掃の頻度が低い場所でも衛生的な環境を維持できます。

外部から侵入する病原体によって引き起こされる院内感染を防ぐことが可能です。

特に、医療従事者、救急隊員、および患者は、手術室で病​​気や細菌による感染症に対するリスクを減らし、病院内の医療作業を安全に実行できる事を可能にします。

・これらは、医療費を削減するだけでなく、途上国の患者の治療の可用性を高め、健康的な生活を確保し、すべての人々の幸福を促進します。

Competitive advantage

・ヘルスケア環境で「インバイロシールド M5」を適用した後に取得したレポートに基づいて、頻繁な検査で革新的なソリューションの信頼性を確保しており、適用後1年以上の病原菌を減らす事が出来る耐久性を確認しています。

・「インバイロシールド M5」のコーティング作業員は、一部の機器と試験機の取り扱い方法と数時間のコーティング方法を学習することでこれを行うことができます。 高度なスキルや長期的なトレーニングは必要ありません。

コストパフォーマンス

・消毒作業者は、少なくとも1日に1回、または表面が汚染されるたびに、スケジュールに従って何度も何度もすべての表面を消毒する必要があります。


・さらに、汚染されたエリアと汚染されていないエリアの違いは不明であるため、すべてのエリアを消毒する必要があります。

・従来の化学消毒剤でインバイロシールド M5と同じ消毒効果を得るためには、1日に数十回化学消毒剤を消毒する必要があります。

・これは、インバイロシールド M5の処理表面が常に抗菌状態であるためです。

・したがって、インバイロシールド M5は、液体の化学消毒剤(4級アンモニウムカチオン、H2O2、フェノール化合物など)を交換することにより、コストを削減できます。

・多くの国では、化学消毒剤の不適切な使用により薬剤耐性菌が出現し、患者の二次的損傷などの問題を引き起こしています。

・米国では、消毒剤製造業者の手順に従わない違反は、FIFRA法に基づく訴追の対象となります。

・これと比較して、インバイロシールド M5は、抗菌効果に対して常にアクティブであり、繰り返し適用したり、特定の条件を順守したりする必要のない1回限りのアプリケーションです。

・また、インバイロシールド M5の抗菌効果は、化学消毒剤とは異なり、光触媒分解効果によるものであるため、薬剤耐性菌は発生しません。 ・インバイロシールドM5の光触媒効果により、汚染されたエリアは時間の経過とともに非汚染エリアになります。

・さらに、インバイロシールド M5処理は、セルフクリーニング効果と臭気ガス分解効果も発揮できます。

・インバイロシールド M5は、医療機関にとって非常に費用対効果が高く便利なソリューションです。

・消毒作業者は、少なくとも1日に1回、または表面が汚染されるたびに、スケジュールに従って何度も何度もすべての表面を消毒する必要があります。

・さらに、汚染されたエリアと汚染されていないエリアの違いは不明であるため、すべてのエリアを消毒する必要があります。

・従来の化学消毒剤でインバイロシールド M5と同じ消毒効果を得るためには、1日に数十回化学消毒剤を消毒する必要があります。

・これは、インバイロシールド M5の処理表面が常に抗菌状態であるためです。

・したがって、インバイロシールド M5は、液体の化学消毒剤(4級アンモニウムカチオン、H2O2、フェノール化合物など)を交換することにより、コストを削減できます。

・多くの国では、化学消毒剤の不適切な使用により薬剤耐性菌が出現し、患者の二次的損傷などの問題を引き起こしています。

・米国では、消毒剤製造業者の手順に従わない違反は、FIFRA法に基づく訴追の対象となります。

・これと比較して、インバイロシールド M5は、抗菌効果に対して常にアクティブであり、繰り返し適用したり、特定の条件を順守したりする必要のない1回限りのアプリケーションです。

・また、インバイロシールド M5の抗菌効果は、化学消毒剤とは異なり、光触媒分解効果によるものであるため、薬剤耐性菌は発生しません。 ・インバイロシールドM5の光触媒効果により、汚染されたエリアは時間の経過とともに非汚染エリアになります。

・その結果、インバイロシールド M5が処理された場合、抗菌状態は1年間、毎日の化学消毒作業の約80%のコストで維持できます。 約20%のコスト削減は、病院の設備、医療スタッフ、患者などに使用するために返還できます

[PDF]

・施工要領(こちらをご覧ください): INVIROSHIELD OPERATION STEPS

性能/効果

・消毒作業者は、少なくとも1日に1回、または表面が汚染されるたびに、スケジュールに従って何度も何度もすべての表面を消毒する必要があります。

・さらに、汚染されたエリアと汚染されていないエリアの違いは不明であるため、すべてのエリアを消毒する必要があります。

・従来の化学消毒剤でインバイロシールド M5と同じ消毒効果を得るためには、1日に数十回化学消毒剤を消毒する必要があります。

・これは、インバイロシールド M5の処理表面が常に抗菌状態であるためです。

・したがって、インバイロシールド M5は、液体の化学消毒剤(4級アンモニウムカチオン、H2O2、フェノール化合物など)を交換することにより、コストを削減できます。

・多くの国では、化学消毒剤の不適切な使用により薬剤耐性菌が出現し、患者の二次的損傷などの問題を引き起こしています。

・米国では、消毒剤製造業者の手順に従わない違反は、FIFRA法に基づく訴追の対象となります。

・これと比較して、インバイロシールド M5は、抗菌効果に対して常にアクティブであり、繰り返し適用したり、特定の条件を順守したりする必要のない1回限りのアプリケーションです。

・また、インバイロシールド M5の抗菌効果は、化学消毒剤とは異なり、光触媒分解効果によるものであるため、薬剤耐性菌は発生しません。 ・インバイロシールドM5の光触媒効果により、汚染されたエリアは時間の経過とともに非汚染エリアになります。

・さらに、インバイロシールド M5処理は、セルフクリーニング効果と臭気ガス分解効果も発揮できます。

・インバイロシールド M5は、医療機関にとって非常に費用対効果が高く便利なソリューションです。

・その結果、インバイロシールド M5が処理された場合、抗菌状態は1年間、毎日の化学消毒作業の約80%のコストで維持できます。 約20%のコスト削減は、病院の設備、医療スタッフ、患者などに使用するために返還できます。

・当社独自の光触媒コーティング剤は、銅、鉄、酸化チタンを組み合わせた可視光応答性の光触媒材料を使用しています。

・使用する可視光応答型光触媒は、窓から差し込む太陽光だけでなく、屋内の蛍光灯やLEDライトにも有効です。

(1)基本的な光触媒効果

①ガス分解


②汚れ(物質:メチレンブルー)の分解

Technical maturity / Past record of introduction

・当社の光触媒コーティング剤は、2003年に流行した「重症急性呼吸器症候群」(略称:SARS)のまん延を防ぐために、台湾と香港の市庁舎や救急車で使用されています。

・その後、「インバイロシールド M5」は2005年に室内空間の光触媒効果を効果的に発揮できるコーティング剤として開発されました。

・これまで、香港、インド、シンガポール、中国、マレーシアでインバイロシールド M5を供給してきました。     

表2:国ごとのインバイロシールドアプリケーションエリア

・2008年からインド市場にサービスを提供しています。現在まで、合計74,000平方メートルの面積を施工済みです。 インドの医療機関では「インバイロシールド M5」のみを使用して処理されています。

・弊社は財政的に安定しており、世界中で技術を活用するのに十分な経験、専門知識、リソース、人材を保有しております。

・インドでは、中央政府病院と自治体病院が5年前からこの生物除染プログラムの採用をしております。 この技術の結果は、Safdarjung Hospital(中央政府病院)での乳児死亡率の減少プロセスにおいて重要な役割を担っております。 現在、この技術はAIIMS(All India Institute of Medical Sciences)でも採用されています。

インバイロシールドM5の優位性

・インバイロシールドM5の処理前・処理後の微生物数を分析するために、ハイエンド装置を使用しています。

機器は、正規の機器サプライヤ/施設から定期的に較正されます。 以下の表は、液体化学薬品使用時の表面への微生物負荷を示し、さらに「インバイロシールド M5」で処理した後の微生物数の大幅な減少を示しました。